今月もおもしろい内容が盛りだくさん!

1

ライブワン

2

プレゼントコーナー

2

プロカメラマン用カメラケース

2

リンクコーナー

2

小豆島

毎月恒例のプレゼントコーナーもあるので最後まで読んで下さいね!

今回のいれもん通信でご紹介させて頂くのは、人物撮影のスペシャリスト
ライブワンの菅野様です。

 

菅野様は、大企業を始め、多くのトップリーダーのオフィシャルポートレートを撮影されております。ひょっとすると皆さんが雑誌などで、見たポートレート写真の中に菅野様が撮影した写真があるかもしれません。LiVE ONE

実は、弊社が2010年に菅野様専用のカメラケースを製作させて頂きました。→いれもん通信第75号
今回、そのケースを一新されるという事でご依頼をいただきました。

  

今回製作したケースの外観は、フレームが青で、板が黒色になっており、フタにアクテックのロゴプレートを付けました。パッと見ただけではカメラが入っているケースとは思えないスタイリッシュな仕上がりになりました。以前作成したケースより、全体的に少し大きくしました。

プロカメラマン用カメラケース外観 新旧比較

収納前の状態はこのような状態で、それをケースに入れるとこんなにスッキリ収納する事が出来ました。外観と同じでスタイリッシュな収納です。
前回は可動式の仕切りで製作しましたが、長年使用していると可動仕切りが破損することが多く、今回は、可動式ではなく固定式で収納物にあった部屋を作りました。

プロカメラマン用カメラケース収納

また、フタ側に扉を付けて、その中にダイスカットウレタンで自由な形でカスタマイズすることができるようにしました。

プロカメラマン用カメラケース蓋

キャスターは少し大きなものに変更しました。転がりも良く、移動が少しでも楽になるように仕上げました。
今回取材させて頂き、仕事で使う大切な道具を入れるケースということで、菅野様のケースに対する熱い思い入れを感じました。このカメラケースが、菅野様の長い相棒になることを祈っております。

プロカメラマン用カメラケース キャスター、ケース完成写真

今回の記事で使用した写真は全て菅野様に撮影して頂きました。
いつもの記事と写真が違うのはその為でした。また、今回の担当者であった営業の松本と品管の硲の写真も撮って頂きました。アクテックの2階会議室で撮ったとは思えないカッコイイ写真を撮って頂きました。

営業の松本と品管の硲

ご協力本当にありがとうございました。

6月に社員旅行で小豆島に行かせて頂きました。

まずは、小豆島と言えばオリーブという事でオリーブ公園に行きました。
小豆島の姉妹島でミロのヴィーナスで有名なギリシャ・ミロス島から送られた風車だそうです。
少しだけギリシャの風を感じてきました。

小豆島オリーブ園01小豆島オリーブ園02
小豆島オリーブ園

次は潮の満ち引きで道が現れたり消えたりするエンジェルロードです。
「大切な人と手をつないで渡ると、願いが叶う」というロマンチックな場所です。
干潮の時間に近かったので、広い道ができていました。

そして、やはり小豆島と言えばここ、二十四の瞳映画村です。
実は、今年で二十四の瞳映画村が開村して30年になるそうです。

エンジェルロード
エンジェルロード
二十四の瞳映画村01二十四の瞳映画村02
二十四の瞳映画村

最後は、寒霞渓(かんかけい)で二百万年の歳月が創り出す絶景を見て帰ってきました。
紅葉の季節に行くともっと鮮やかな景色が広がるそうです。

寒霞渓01寒霞渓02
寒霞渓(かんかけい)

瀬戸内海の離島でゆっくり観光し、瀬戸内海の海の幸を頂き、参加者全員、リフレッシュすることができました。これからも皆様のお役に立てるように社員一丸となって取り組んでいきたいと思います。


プレゼント当選者発表

― 購読解除 ―
いれもん通信の配信を解除される方は、お名前とメールアドレスを記入して送信ボタンを押して下さい。

・お名前  ・メールアドレス    

リンクコーナー

アクテック株式会社

アルミケース・アタッシュケース製造販売【アクテック】

アルミケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

大阪の社長.tv

「大阪の社長.tv」に芦田社長の

インタビューが掲載されました。

facebookページ「アクテック株式会社−アルミケース製造販売」

アクテック株式会社のfacebookページ

日々更新中。「いいね!」お願いします!

いれもん通信

製  作 :

いれもん通信編集部

  発行日 :

毎月第3火曜日
発行元 : アクテック株式会社   購読料 : もちろん無料!