今月もおもしろい内容が盛りだくさん!

1

内装紹介@ 中箱

2

プレゼントコーナー

2

内装紹介A 可動仕切

2

リンクコーナー

2

展示会出展のお礼

毎月恒例のプレゼントコーナーもあるので最後まで読んで下さいね!

アクテックではアルミケースという外装だけでなく、様々な物をスマートに収納する内装パターンも
皆様にご好評いただいております。そこで今回から全3回で内装のパターンをご紹介したいと思います。

まずは、弊社の営業:松本が得意とする内装である「中箱」形式。

アルミケースの中箱

収納する機器を底部に収納し、それを抑える角部に設けたクッション材を支柱にして、
その上に板材に布を貼った箱を乗せます。この箱に備品やケーブル類を収納するレイアウトとなります。

このレイアウトのメリットは、
収納物が多かったり大きい物と小さい物が混在してしまうと、どうしてもケースのサイズが横長になったり、無駄に大きくなりがちですが、アルミケースのサイズをコンパクトに
抑えつつ、より多くの備品を収納できますので、コストも抑えられます。
主に無線機、計測機器などの収納によく使われます。

「いれもん通信 第97号 重箱ケース」
で紹介しています。

重箱アルミケース

2つめの内装紹介は「可動仕切り」です。
メインの収納物の他に大小異なるサイズの備品などを
自分の好きなようにレイアウトして収納できるオプション加工です。

アルミケースの可動仕切り

備品が大小異なり、使う時、使わない時がある場合に大活躍できます。
もちろん、隙間なくびっしりと使用することも可能で、まさしく自由自在です。
※溝ピッチは16mm間隔です。

こちらのレイアウトは主に、カメラのレンズケース、精密・計測機器の周辺アクセサリーの収納などに使われ、写真の通り、大小様々なレンズが所狭しと並べられています。

「いれもん通信 第105号 特注カメラマンケース」
で紹介しています。

特注カメラマンケース内装

中小企業総合展2014 in Kansai

5月28日〜30日の3日間、インテックス大阪で開催され、 ブースは2コマを申込み、なんと9x2mのブースで
アクテックとしても初めて経験する広さのブースでした。
実際にケースを配置するだけで
埋まってしまいましたが、ブースが広いお陰か数多くのお客様に訪問していただき、多くの引き合いを頂きました。

展示会スタッフの集合写真

ちなみに、今回はブースの設営は業者さんにお願いすることは殆ど無く、
ブースの基本装備と商談席以外は、弊社のアルミケースのみで構成しました。
搬出にいたっては、相変わらず最速で、展示ケースの中にアルミケースを収納して蓋を閉じるだけで、
過去最高記録の10分で撤収が完了しました。
展示会用のケースは使ってみないとお分かりになれないでしょうが、非常に便利なんです。

2コマのブース 商品説明するスタッフ1 商品説明するスタッフ2
写真をクリックすると拡大します。

ビジネスマッチングフェア2014

6月4、5日と2日間マイドーム大阪で開催されました
本展示会には中小企業総合展とは違い、3x3mのブースの狭さでしたが、 出店場所はなんと入ってすぐの入り口側でした。
そのお陰でしょうか例年よりも多くのお客様から引き合いのお声をかけていだきました。
やはり、ブースの場所も展示会の成功の可否を物語っているのがわかりました。
ちなみに、なんと展示会中にNHKに取材され、
放送紹介されました! メディアの力はやはり大きく
問い合わせも増えております。

ブースの様子

今回の展示会に向けて、内装のイメージを理解していただくために、内装サンプルを作成しました。
展示会の終わった後も、会社の展示ブースがあるので興味のある方は是非、お越しください。

会社の展示ブース


プレゼント当選者発表

― 購読解除 ―
いれもん通信の配信を解除される方は、お名前とメールアドレスを記入して送信ボタンを押して下さい。

・お名前  ・メールアドレス    

リンクコーナー

アクテック株式会社

アルミケース・アタッシュケース製造販売【アクテック】

アルミケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

大阪の社長.tv

「大阪の社長.tv」に芦田社長の

インタビューが掲載されました。

facebookページ「アクテック株式会社−アルミケース製造販売」

アクテック株式会社のfacebookページ

日々更新中。「いいね!」お願いします!

いれもん通信

製  作 :

いれもん通信編集部

  発行日 :

毎月第三火曜日
発行元 : アクテック株式会社   購読料 : もちろん無料!