紺碧の冒険王になる

テレビ番組で最近よく取り上げられる魚、それは漁獲量削減問題で話題になるマグロです。特に青森・下北半島最北端の大間崎での命がけの一本釣り黒マグロは、ハイリスク・ハイリターンの象徴みたいな魚で、過去に正月のご祝儀相場ではありますが一本2000万円以上の値が付いたという超ブランド品であります。自前かつ極秘の仕掛けに命を賭けて、年に何本釣れるかという黒マグロを追う漁師さんの姿は、まさに日本版「老人と海」という感じです。今回のいれもん通信は、そのマグロを竿とリールで釣ろうというロマン溢れる道具を作っておられるメーカーさんからの話題です。

紺碧の冒険王になる

世界の頂点を刻む

今回は大阪府東大阪市の株式会社ミヤマエさん(以下ミヤマエ)からの通信です。

東大阪市は花園に代表されるラグビーの町、また中小企業が集まるモノづくりの町として知られています。工場集積率は全国No.1でユニークな企業もたくさん集まっています。ミヤマエも釣り用電動リールで国内トップシェアを誇るオンリーワン企業です。アクテックが採用頂いているのは大型電動リール数種類の収納アルミケースで、今回はその中でもマグロに代表される超大物用US−50という機種に注目したいと思います。

私がUS−50を見た時の第一印象は・・・「これは奈良の大仏さん用のリールかいな?」 US−50の寸法は約40cm×28cm×30cm。
自重は15kgで通常のルアー釣りに用いられるベイトリールの約7〜80個分というもので、その巨大さはそらすごいです。また60号のナイロン糸800メートルという糸巻量、瞬間最大巻上力130kgという驚異的な数値を誇る、従来の電動リールの概念を覆すハイパワーモデルです。

ミヤエポック US-50
深海釣りのパイオニア

深海釣りのパイオニア

ミヤマエは1949年に創業されました。1967年には魚釣り用電動リールを発売し、今日では「ミヤエポック」ブランドは深海釣りのパイオニアとして広く知られています。またゴルフ用機器、空調機器など持ち前の金属加工を武器に発展を続けておられます。
その礎となる社訓は、

・ よろこばれる仕事をしよう
・ 創意と商魂でたくましく伸びよう
・ ここで働く人とその家族みなが幸福になろう

というもの。

ニッチ市場でのオンリーワン企業ならでは。アクテックも大いに見習いたいと考えます。

マグロ専用電動リールUS−50用アルミケース

マグロ釣りは男のロマン。アクテックでは堅牢かつ利便性・収納性に優れたアルミケースを通じ、釣り具のさらなる発展と普及のお役に立ちたいと考えます。

 

 

― 購読解除 ―
いれもん通信の配信を解除される方は、こちらにメールアドレスを記入して送信ボタンを押して下さい。

アクテック株式会社

アルミケース・アタッシュケース製造販売【アクテック】

アルミケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

大阪の社長.tv

「大阪の社長.tv」に芦田社長の

インタビューが掲載されました。

facebookページ「アクテック株式会社−アルミケース製造販売」

アクテック株式会社のfacebookページ

日々更新中。「いいね!」お願いします!

いれもん通信

製  作 :

いれもん通信編集部

  発行日 :

毎月第三火曜日
発行元 : アクテック株式会社   購読料 : もちろん無料!