世界最大級の国際的な「ロボット専門展」

さる11月28日〜12月1日、アクテックは東京ビッグサイトで開催された2007国際ロボット展という展示会に出展しました。 前号でご紹介したメンテナンステクノショーに引き続くメジャー展示会出展です。

国際ロボット展とは、世界最大級の国際的な「ロボット専門展」で、2年に1度開催され、今回で17回目を迎えられました。
「製造業用」・「非製造業用」と「民生用」までの幅広い最先端ロボット技術が集結し、今年も多種多彩な出展企業・組織が揃い、最新のロボットやテクノロジーを活用した新サービスなどを披露してくれました。

アクテックは大阪産業創造館が運営する次世代ロボット開発ネットワーク「RooBO」の会員であり、今回はRooBO会員の18社と共同ブースで出展致しました。当社のブースでは、主にロボットを収納するケースを紹介し、第30号で紹介した「MI・RAI-RT」用ケースや、今回ご紹介する日本遠隔制御鰍フ「RB2000」を収納したケースを展示致しました。いれもん通信での二足歩行ロボット用ケースのご紹介も今回で3度目となります。

2007国際ロボット展
  展示会場の様子(RooBOのメインブース)

技術はすべてに勝る財産である

今回は、大阪府東大阪市の日本遠隔制御株式会社さん(以下 日本遠隔制御)からの通信です。
日本遠隔制御のホームページ

日本遠隔制御はラジコンホビー(RCヘリコプターや飛行機)、モデラーに圧倒的な支持を得るメーカーのJR PROPOさんです。 「技術はすべてに勝る財産である」をモットーに1976年の創業以来、ラジコン技術の進化に努めそのアイディアと技術は業界標準になっているものも多々あります。

今回ご紹介するのは、日本遠隔制御さんとヴィストン株式会社の共同で開発された入門用二足歩行ロボット“RB2000”。
2005年12月に初代2足歩行ロボット"RB1000"の発売以来、約1年後に登場したこの"RB2000"は、13軸(サーボモーターの数)の関節構造により、前後転・側転や鉄棒運動など多彩な動作が可能で、さらにスピーカーを標準搭載しており、ロボットの動きに合わせて「歌う・喋る・効果音を出す」ということができ、wavファイル(音源データ)をメモリに書き込めばコントローラーの操作や動きに合わせて、設定したタイミングで音を出すことが出来ます。
また、ロボットの動きを制御するのに、プログラミングや複雑な設定は必要とせず、ロボット本体とパソコンをつなげて、ロボットモーション作成ソフト「RobovieMaker」で画面のスライダーを操作するだけで、ロボットの動きを自由に作ることが可能です。

【動画で動きを見る】
鉄棒  ⇒ エアギター  ⇒ ボールを拾って投げる

"RB1000"は19軸の関節構造で価格が102,900円という価格でしたが、この"RB2000"は13軸の関節構造で価格が79,800円と、よりシンプルに、ロボット初心者でも購入しやすい価格を実現されました。また、拡張性にも優れており、軸数を増やしたり、パーツを追加したりと、ロボット操作の楽しみだけにとどまらず、カスタマイズしてオリジナリティーを追求するという楽しみ方も醍醐味の一つです。

このたびアクテックでは入門用二足歩行ロボット“RB2000”用アルミケースをご採用いただきました。

メンテナンステクノショー2007 展示会場の様子(アクテックブース)
  日本遠隔制御の製品


メンテナンステクノショー2007 展示会場の様子(アクテックブース)
  パソコンで簡単に動きを設定できる

RB2000用アルミケース

アクテックではアルミケ−スを通じ、ロボット関連産業のさらなる進歩・発展へのお役に立ちたいと考えます。

 

 


祝・新年おめでとうプレゼント
 

― 購読解除 ―
いれもん通信の配信を解除される方は、こちらにメールアドレスを記入して送信ボタンを押して下さい。

アクテック株式会社

アルミケース・アタッシュケース製造販売【アクテック】

アルミケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

大阪の社長.tv

「大阪の社長.tv」に芦田社長の

インタビューが掲載されました。

facebookページ「アクテック株式会社−アルミケース製造販売」

アクテック株式会社のfacebookページ

日々更新中。「いいね!」お願いします!

いれもん通信

製  作 :

いれもん通信編集部

  発行日 :

毎月第三火曜日
発行元 : アクテック株式会社   購読料 : もちろん無料!