今月もおもしろい内容が盛りだくさん!

1

八幡の背割桜

2

いれもん通信 photo♪

2

ポートレートの大家

2

プレゼントコーナー

2

今月のピックアップ

2

リンクコーナー

毎月恒例のプレゼントコーナーもあるので最後まで読んで下さいね!

LiVE ONE 菅野勝男氏

八幡の背割桜

ほんの数週間前は、「はぁ〜桜はまだかなぁ〜」と思っていたのが、もうあっという間に咲き誇り、一気に春を感じたような気がしました。こちら枚方は、もう葉桜です。ちょっと寂しいです。

弊社から車で約20分のところに桜の名所、背割桜があります。桂川と宇治川が合流する手前です。道の両端にはソメイヨシノが植えられ、ちょうど桜のトンネルを抜けるような感じになっています。昔は大変立派な松林だったそうで、木津川の「流れ橋」と合わせて時代劇の撮影場所としてとても有名でした。ところが昭和40年頃、松枯れ病が発生し、全て枯れてしまいました。替わりに、約250本のソメイヨシノが植えられたそうです。今では毎年1週間ほど桜祭りが開催され、多くの見物客で賑わっています。
春の色

今月のいれもん通信は、人物写真を専門に撮影されているプロカメラマンの方をご紹介します。

ポートレートの大家

今回ご紹介いたしますのは、東京新宿区に事務所を構えるLiVE ONEのフォトグラファー菅野勝男氏(以下、菅野さん)です。人物撮影(ポートレート撮影)の仕事が中心で、昨年春からは大阪事務所も開設され関西方面にも活動の場を広げています。

菅野さんはこれまで、経営情報誌「日経ビジネス」や経営者向け月刊雑誌の「日経トップリーダー」で数々のトップ経営者を撮影してこられました。京セラ創業者の稲盛和夫氏もご担当されています。菅野さんのポートレート写真は表情だけでなく、人格をも写すことが評価されているそうです。 →LiVE ONEのHPへ

稲盛氏といえば、「アメーバ経営」を訓える「盛和塾」の塾長です。菅野さんは昨年、その塾生向けのポートレートカレンダー製作にも携われました。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちアクテックの代表を務める芦田も塾生の一人です(本人曰く最高齢だそうな)。そういった繋がりから、今回私たちアクテックのアルミケースをお知りになられたそうです。

私たちアクテックは「フォト・ビデオカメラ・ハンディフォン等がより効果的に、より便利になるアクセサリーを作る」というOEM供給の仕事から始まりました。一般に大手量販店様では既製のカメラケースが市販されていますが、弊社はお客様のご要望に合わせたカメラケースを製作いたします。今後もご自分に合わせた、使い勝手の良いケースを考えていらっしゃる方々のお役に立ちたいと思います。
プロカメラマンの手

今月のピックアップ

今回はプロの菅野さん直々です。終始、顎に手を当て、構想する姿を見ると流石はプロだなと思い知らされました。光の当たり具合や一筋の影の入り方にも妥協なしです。※注:半袖姿はアシスタントの松本(アクテック)です。
どれだけの収納力があるか、詳細はプロカメラマンケースのページへ
シックな黒
本当に大容量です!
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
菅野さん直々にレイアウト
細かいところまでキッチリ!
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

 菅野さんからのメッセージ
はじめまして!LiVE ONEカメラマンの菅野です。ご紹介いただきありがとうございます。
ご縁というものはとても不思議なもので、以前撮影させていただいた稲盛氏の写真がご縁でこの度アクテックさんのカメラケースを作っていただくことになりました。

菅野勝男さん!

まずもって、私達プロにとって機材運搬に関して一番気を使うことは、収められた機材が取材現場・撮影現場まで無事に移動でき、撮影に支障をきたさないことです。そして如何にコンパクトに収納でき現場でもいち早く出し入れが出来るということです。 カメラ・レンズ・ストロボ・スタンドそして今ではノートパソコンまで。。。
私は仕事柄移動が多く、その度ごとに「機材をどのように収納して現場に持って行こうか。」ということにいつも頭を悩ませておりました。 これを一つのバックにまとめられ、移動時はこれだけを持ち運べば良いとなれば、それこそ、その日その日の悩まされる余計な負担が無くなります。

そして、最も重要なる「移動時の安全性」。確かに昔から、アルミケースというのはありましたが、その大部分は機材を入れるには一番の安全性が確保されつつも、そのケース一つでは入りきらず、必ず他にバックを1つ2つ持って行かねばなりませんでした。
取材を主に活動しているとなると機動性も仕事をする上でのファクターになります。ですからどうしても、今までは安全性重視と言いながらも、 カメラマンが移動時に気を配りながらソフトケースに入れることが多くなってしまいました。
それが、今回アクテックスタッフの皆さんのおかげで一番の安全性を持つアルミケースに全てを入れ込んでまとめられるという願ってもないケースが完成したのです。

しかし、、、、本当に私わがまま言いましたよ〜〜〜(汗笑)
アクテックさんの会社まで押しかけ、実際の機材を見てもらい、採寸までしていただき、あれがどうの、これがどうの、ととにかく言いたい放題。さぞかし皆さん、なんてわがままな奴だ!と思われたのでしょうが(^_^;)。。。あっ、でもカメラマンってほんとわがままな人間なんです。嫌ですね〜〜ほんとに。。。。(笑)

そんなわがままな奴にスタッフのみなさんは嫌な顔ひとつせず、本当にひとつひとつ丁寧に真剣に聞いてくれました。最も嬉しかったことです。私もプロではありますが、彼らも紛れもなくケース作りのプロなんだなということ。仕上がったケースは、本当に隅々まで気配り、気遣いが行き届いておりました。今日も、取材に撮影に。。。。我がアクテックケースは心強い相棒としてフル回転で活躍してくれてます。
菅野勝男さん!

ここで休憩コーナーです。今回は京都八幡市の背割桜を撮りました。
いれもん通信photo

 

― 購読解除 ―
いれもん通信の配信を解除される方は、こちらにメールアドレスを記入して送信ボタンを押して下さい。

リンクコーナー

アクテック株式会社

アルミケース・アタッシュケース製造販売【アクテック】

アルミケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

大阪の社長.tv

「大阪の社長.tv」に芦田社長の

インタビューが掲載されました。

facebookページ「アクテック株式会社−アルミケース製造販売」

アクテック株式会社のfacebookページ

日々更新中。「いいね!」お願いします!

いれもん通信

製  作 :

いれもん通信編集部

  発行日 :

毎月第三火曜日
発行元 : アクテック株式会社   購読料 : もちろん無料!