今月もおもしろい内容が盛りだくさん!

1

くらわんか産業いきいきまつり

2

匠の技:板貼り

2

アクテック製造紹介

2

プレゼントコーナー

2

原材料の切断・加工

2

リンクコーナー

毎月恒例のプレゼントコーナーもあるので最後まで読んで下さいね!

11月10日、11日に枚方大橋近くの河川敷で開催された「くらわんか産業いきいきまつり」にアクテックは参加いたしました。

初日は天気も比較的よく、多くの来場者で賑わっており、アクテックのブースにも多くのお客様に来ていただきました。
くらわんか産業いきいきまつりの様子
くらわんか産業いきいきまつりの様子 くらわんか産業いきいきまつりの様子
賑わうアクテックのブース
賑わうアクテックのブース
アルミケースがどのように作られているのか、また、どんな人達がお客様の商品を作っているのか
当社は工場見学を随時行なっておりますが、遠くてなかなか訪問できないお客様の為に
このアクテックの製造部紹介の企画を取り挙げました。

今月号から約6回にわたってそれぞれの製造部門を紹介していきます。
今回はアルミケース作りの第一工程である素材・原材料の切断・加工を行なっている製造部1課1係です。
製造部1課1係
製造部1課1係
製造現場
製造現場
アクテックでは、アルミケースを部材カットから組立、仕上げまで1台1台手作りで生産しています。
お客様からご注文を頂いたら、一番初めに作業を開始する部署:1課1係。

アルミケースを組み立てる素材・原材料を切断・加工するのですが、たかが部材、されど部材。
1mm単位でお客様の商品を製作するので、1mmでもカット・加工がずれるとアルミケースは綺麗に仕上がりません。
「俺のファンかよ!」小濱哲史
匠の技が光る小濱哲史さん。カメラに向かって一言「俺のファンかよ!」

アクテックのアルミケースには大きく分けて5タイプあります。
AA、AC、GR、GZ、GCタイプの5種類です。
実はアクテックのアルミケースは、オールアルミ製ではないものもあります。
AC、GR、GCタイプは、ベニヤ板に薄いアルミ板やFRPを貼り付けした板材を使用しています。
その理由としましては、アルミ板+ベニヤ板で、耐衝撃性を高めるためで、
この3タイプは特に強度・耐久性が求められるためです。

お客様の大事な収納物を守る板材の1課1係による匠の技を紹介します。
1分あたり30枚の速さで糊がついたアルミ板をベニヤ板に瞬く間に貼り付けしていきます。
リーダー曰く、1日アルミケース500台分(5000枚)は貼り付けが可能だとの事!
流れ作業で薄いアルミ板に糊を付けて、ベニヤ板に貼っていきます。
流れ作業で薄いアルミ板に糊を付けて、ベニヤ板に貼っていきます。


プレゼント当選者発表

― 購読解除 ―
いれもん通信の配信を解除される方は、お名前とメールアドレスを記入して送信ボタンを押して下さい。

・お名前  ・メールアドレス    

リンクコーナー

アクテック株式会社

アルミケース・アタッシュケース製造販売【アクテック】

アルミケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

大阪の社長.tv

「大阪の社長.tv」に芦田社長の

インタビューが掲載されました。

facebookページ「アクテック株式会社−アルミケース製造販売」

アクテック株式会社のfacebookページ

日々更新中。「いいね!」お願いします!

いれもん通信

製  作 :

いれもん通信編集部

  発行日 :

毎月第三火曜日
発行元 : アクテック株式会社   購読料 : もちろん無料!