「石門心学」

江戸時代中期、京都に石田梅岩という思想家がおられました。
「士農工商」の封建社会の中、当時は憎むべきものとされていた商人の営利活動を積極的に認め、勤勉と倹約を奨励しました。そのポジティブな考え方が先取の気概にあふれた京都の町衆に広く受け入れられました。その教えは「石門心学」と呼ばれています。いれもん通信第11号で紹介した近江商人の「三方よし」の理念とともに企業倫理の見直しが叫ばれる現在も脚光を浴びております。
いれもん通信第11号

【石田梅岩について】
http://www.joho-kyoto.or.jp/~retail/akinai/senjin/ishida.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%94%B0%E6%A2%85%E5%B2%A9

【稲盛和夫京セラ名誉会長インタビュー】
「利を求むるに道あり」
http://job.yomiuri.co.jp/interview/jo_in_07083101.cfm

今回は石門心学の教えを基に経営理念を制定された企業さんからのいれもん通信です。

石門心学の思想
 石門心学の思想

西尾レントオール

今回は、大阪府吹田市川岸町の西尾レントオール株式会社 通レン大阪営業所さん(以下西尾レントオール)からの通信です。
設立は1959年。当初電気器具の部品加工ならびに販売を主としていた同社は1965年より業態を転換、道路機械のレンタルを開始されました。高度成長期、交通網の整備が進み道路工事機械が不足する場面での需要にマッチングしました。その後、大阪万博、新幹線、高速道路等の工事需要で大発展し、全国に営業所を拡張されたのでした。
西尾レントオールのホームページ

1978年には「総合レンタル業のパイオニアとして経済社会に貢献する」という社是を制定され対象領域・取り扱い商品を拡大しました。現在では土木・建築・道路工事向け機器、業務用車両、測量機器、通信・映像機器、展示会用品、野外イベント向け備品など多彩な領域のレンタル用品を取り扱い、営業ネットワークは全国に広がっております。
先の石門心学を基に制定された経営理念は「五つの心」というものです。企業倫理の重要性が見直されている今日です。社会の一員である事を常に自覚し、自分たちだけの都合だけでなくお客様の立場に立って正直、まじめに仕事をするというその考え方を我々も大いに見習いたいものです。
西尾レントオール企業理念「五つの心」

そんな中、アクテックでは42型プラズマディスプレイを収納するコンテナケースを採用いただきました。

西尾レントオール 社屋外観
社屋外観
西尾レントール 倉庫内の様子 倉庫内の様子
プラズマテレビ用ケース

今年の8〜9月、大阪市長居競技場で行われた「世界陸上大阪」にレンタルされました。


参考:アクテックGCタイプ FRPブラック

 

― 購読解除 ―
いれもん通信の配信を解除される方は、こちらにメールアドレスを記入して送信ボタンを押して下さい。

アクテック株式会社

アルミケース・アタッシュケース製造販売【アクテック】

アルミケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

大阪の社長.tv

「大阪の社長.tv」に芦田社長の

インタビューが掲載されました。

facebookページ「アクテック株式会社−アルミケース製造販売」

アクテック株式会社のfacebookページ

日々更新中。「いいね!」お願いします!

いれもん通信

製  作 :

いれもん通信編集部

  発行日 :

毎月第三火曜日
発行元 : アクテック株式会社   購読料 : もちろん無料!