今月もおもしろい内容が盛りだくさん!

1

江と秀吉

2

いれもん通信 photo♪

2

サル類専門の動物園

2

プレゼントコーナー

2

今月のピックアップ

2

リンクコーナー

毎月恒例のプレゼントコーナーもあるので最後まで読んで下さいね!

財団法人 日本モンキーセンター

江と秀吉

今年の大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」。日本史上最も有名な三姉妹(浅井三姉妹)の末っ子・江(ごう)の数奇な運命をたどるドラマです。日本一有名と言われていますが、歴史に疎い私は、その江が織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と深い関わりをもっていたと露知らず、ドラマを見て勉強中です。

そして、私どもアクテックがあるここ大阪には、秀吉が築城した大坂城があり、秀吉の側室、淀(茶々)の産所として設けた淀城跡も近くにあります。
そののち、京都の聚楽第(じゅらくてい)に移住した秀吉は、大坂と京都のほぼ中間に位置する枚方に「御茶屋御殿」を建てました。千利休を茶道として迎えるなどお茶好きだった秀吉。おそらく御茶会を開く席として建てたのかなぁと思いますが、秀吉が寵愛する家臣、枚方城主の娘「乙御前(おとごぜん)」をここに住まわせたと言われています。(枚方のことをもっと書きたいけど、また今度)
織田家、秀吉家、徳川家に深く関わることとなった江の波乱万丈な人生と、サルと呼ばれながらも農民から天下人となった秀吉の生涯は、誰も真似できない凄まじい生き方でした。

さて、今回はおサルさんに関わる企業様からいれもん通信をお送りします。どうぞ、ご覧ください。

サル類専門の動物園

今回ご紹介いたしますのは、愛知県犬山市にある財団法人日本モンキーセンターさんです。サル類の総合的研究や野生ニホンザルの保護などを目的に、1956年(昭和31年)に設立されました。同市内にある日本モンキーセンター附属博物館・世界サル類動物園を運営されています。誰もが知っているチンパンジーやゴリラから、日本では見られない珍しいサルまで、飼育展示種数は約70種900頭と世界最多を誇るそうです。凄いですね!また、日本で初めてマウンテンゴリラ、キンシコウを迎えた施設でもあります。
財団法人 日本モンキーセンターのページへ
また、動物園の運営とともに、霊長類の研究も進められ、世界的に有名です。そして、もう1つ有名なのが「焚き火にあたるサル」。
約50年前、職員が台風被害で出た廃材などを燃やし焚き火をしていると、サルたちが自然に集まってきたそうです。焚き火で出来上がる焼き芋をホクホク食べるサルたちの姿が見られます。大変珍しい光景で、世界から注目されていますので、足を運んでみてはいかがでしょうか。
遊園地も併設されていますので、小さなお子さんをお持ちのご家族にもオススメです。

今月のピックアップ

こちらが今回ご採用いただいた触角計収納アルミケースです。アクテック最薄型のアルミケースです。
今回ご担当いただいた日本モンキーセンターのS氏はサルの化石を掘っているそうです。出てきた化石のサルがどういう種なのか、現生のサルやほかの化石のサルとどういう関係にあるのかなどを研究されています。
この器具は、脳頭蓋(頭蓋骨の中で脳を保護している部分)の縦、横、長さを測定し、大雑把な頭の大きさを測ることが出来ます。正確に測るにはCTスキャンなどの装置が必要ですが、大雑把な大きさの把握というためには手早く出来るので、多くのデータを集めるときには有効な測定方法です。種間変異(違う種類のサルの間での違い)をみて比較し、その動物の特性を明らかにすることが出来ます。

ここで休憩コーナーです。今回は秀吉ゆかりの建物跡、御茶屋御殿跡を撮りました。
いれもん通信photo

 

― 購読解除 ―
いれもん通信の配信を解除される方は、こちらにメールアドレスを記入して送信ボタンを押して下さい。

リンクコーナー

アクテック株式会社

アルミケース・アタッシュケース製造販売【アクテック】

アルミケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケース・タブレットケース製造販売【アクテック】

ソフトケースをオーダーメイド(受注生産)いたします。

大阪の社長.tv

「大阪の社長.tv」に芦田社長の

インタビューが掲載されました。

facebookページ「アクテック株式会社−アルミケース製造販売」

アクテック株式会社のfacebookページ

日々更新中。「いいね!」お願いします!

いれもん通信

製  作 :

いれもん通信編集部

  発行日 :

毎月第三火曜日
発行元 : アクテック株式会社   購読料 : もちろん無料!